読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風来坊〜宮崎編〜

5日、この日は遅く起きて10時頃に鹿児島を出発しました。
青春18きっぷを使う、第1日目。

鹿児島中央駅は大きな駅ビルのある繁華街でとても賑わっています。

 

鹿児島中央から、鹿児島駅へ行きました。
一方の鹿児島駅は寂れてのほほんとした駅舎、海と桜島を望む田舎の雰囲気。
f:id:mgmsmi0429:20170107073229j:image

中心地から少し離れると随分違うもんだな、と改めて思うのでした。
市電の折り返し地点となっている鹿児島駅の雰囲気は、なかなかに良かったです。


f:id:mgmsmi0429:20170107073211j:image

さて、日豊本線に乗って宮崎県を横断。
南宮崎日南線に乗り換え、青島で下車しました。

駅から10分も歩くと青島神宮参拝道が島に向かって続いており、細い砂浜の参道を歩いて行くと、両岸に「鬼の洗濯岩」と呼ばれる奇岩を観ることが出来ます。
f:id:mgmsmi0429:20170107073309j:image
f:id:mgmsmi0429:20170107073827j:image
f:id:mgmsmi0429:20170107073839j:image

この日は曇り空で、漸く冬の寒さを体感しました。
f:id:mgmsmi0429:20170107073857j:image

初詣となった青島神宮で、今年の健康を祈っておみくじを引いてきました。

良いことばかり書いてある吉で一安心。
f:id:mgmsmi0429:20170107073740j:image
f:id:mgmsmi0429:20170107073752j:image

帰りにお土産物屋さんを覗いてみると、地元の酒屋さんでオリジナル焼酎を作っているとの事。

試飲をさせてもらい、とても美味しかったので買ってきました。
「びんろう」という銘柄で、紅いもの焼酎だそうです。


f:id:mgmsmi0429:20170107074010j:image

かわいい特急列車に遭遇。

 

帰路は南宮崎まで戻り、再び日豊本線に乗り換え南延岡で下車。
f:id:mgmsmi0429:20170107073950j:image
f:id:mgmsmi0429:20170107073439j:image
この日の宿は格安のビジネスホテル「愛宕旅館」さん。
久しぶりの個室に寝間着用の浴衣まで付いてるなんて、素敵。

ゲストハウスに馴れた私には、それだけで大満足です。
愛想のいい女将さんが対応してくれました。

 

そして荷物を置いて夜ご飯。

地鶏の炭火焼きかチキン南蛮を頂きたいなぁ。なんて考えておりましたらば、いいお店に出逢えました。

 

旅館からすぐの提灯系のお店「とり千」にて、もも焼きを頂きました。
f:id:mgmsmi0429:20170107073504j:image
辛いもの中毒なので七味掛け過ぎ。
すごく美味しかったです。

私の知っている鶏の炭火焼きは、代々木公園のフェスで各地の旨いものが紹介されている時に食べた位のもんでしたが、

本場は全然違いました。

生でいける新鮮な鶏肉を使っているようで、柔らかくて臭みが全く無く、皮の歯応えも良かったです。

 

店主の計らいでカウンターの方々と話もして、大いに盛り上がりました。
美味しいご飯と美味しいお酒、フレンドリーな常連さんと賭け事や最近のニュース、各地の土地の話などをして、何となく私の古巣「タラモア」を思い出す雰囲気でした。

 

食べ物も会話も楽しく、とてもいい時間を過ごす事が出来ました。
これだからカウンター1人飲みは辞められないんだな。

たまに出会うこういう瞬間が、外に出る楽しみだと思う。

良い夜でした。

 

それでは、皆様ごきげんよう。