読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風来坊〜大分編〜

6日、青春18きっぷの旅2日目。

始発で南延岡を出て、別府の鉄輪温泉へ。
f:id:mgmsmi0429:20170108123041j:image
街じゃー!街じゃ街じゃ!!
f:id:mgmsmi0429:20170108115339j:image

湯気が出とるぞー!
f:id:mgmsmi0429:20170108115416j:image

鉄輪温泉近くで、お土産のお酒を発送したりしていたら、あっという間に時間が過ぎていました。

 

そんな訳でお昼前に観光を開始。

地獄温泉の通りを散策しました。

こちらは飲用温泉です。
f:id:mgmsmi0429:20170108115449j:image

塩気が少しと、硫黄の香りがしっかりして、とっっても飲みにくい。
f:id:mgmsmi0429:20170108115510j:image

街の至るところからもくもくがあります。
f:id:mgmsmi0429:20170108115524j:image

海地獄
f:id:mgmsmi0429:20170108115553j:image

海地獄の敷地内にあった、血の池と同じ赤い温泉。
f:id:mgmsmi0429:20170108115612j:image

海地獄の足湯
f:id:mgmsmi0429:20170108115625j:image

スタタタたー!と早足で見てきました。

 

何せ、足湯と見るだけの温泉ですから何とも勿体ない。

折角のいい温泉なので是非とも入りたいものです。

 

足だけじゃ別府まで来た意味がないので、温泉施設に行きました。

バスでちょっと下ると、落ち着いた山間の温泉が有ります。
f:id:mgmsmi0429:20170108115659j:image
f:id:mgmsmi0429:20170108115714j:image
f:id:mgmsmi0429:20170108115642j:image

別府8湯「柴石温泉」

蒸し風呂はとても気持ち良くて、顔がじんじんして血が巡るのを感じました。

露天はぬる湯で、クールダウルするのに丁度良かったです。

その他内湯が2つ、熱いのと普通のと。

 

そこからすぐ、歩いて行けるところに血の池地獄があります。

赤というよりオレンジ色です。
f:id:mgmsmi0429:20170108115732j:image
f:id:mgmsmi0429:20170108115751j:image

沈澱した湯の華が赤くて、お湯自体は澄んでいました。

海地獄のと同じなので、あれだけでも良かったかもー。

血の池地獄の向かいにあった酒屋さんで地ビールを購入。

ブラウンエール
f:id:mgmsmi0429:20170108115808j:image

物凄いすっきりした後味で、ホップも程よい苦味で、がぶ飲みタイプの飲みやすいエールです。

アルコール度数5%

これはなかなか美味しい。

そんなこんなで気が付けば3時。

別府から2駅先の亀川駅まで行き、電車に乗って小倉へと移動しました。

 

宿は「小倉リトルアジア」

鹿児島と比べると設備が断然良いです。

この日も荷物を置いて夕食に繰り出しました。

そもそも宿のある場所が繁華街なので、一度外に出ればお店がひしめいています。

 

提灯居酒屋の多いこと。小一時間散歩して「一心」という焼鳥屋さんに入りました。

化も無く不可も無く、ちょろっと焼鳥を食べて出ました。

どうしよっかなぁ、帰ろかなぁー、と思っていると、「森鴎外旧家」の標識が!

ななな、なんだと!!!

そいえば、北九州にも住んでたな。

何と、繁華街の真っ只中に有りました。

f:id:mgmsmi0429:20170108115826j:image
f:id:mgmsmi0429:20170108115845j:image
f:id:mgmsmi0429:20170108115905j:image
夜なので見学出来なかったのですが、ここがあの「二人の友」に出てくる場所かぁ、と写真撮りまくるのでした。

ラーメンを食べて早々に帰り、この日は早めに就寝しました。

 

因みに小倉のブックオフには鴎外の本は殆んど有りませんでした。そんなもんかいな。

 

次回は遂に九州を抜け出します。

それでは皆様ごきげんよう。