読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死んだつもりで

どうやらブログを始めて1年が経ったようです。

あっという間の1年でした。

中身が濃く、よくよく振り返ってみると屋久島以前の出来事が、随分昔の事のように思いだせます。

1年前は暗くて臆病な人間になりかけていました。

死んだつもりでやってみろ!の精神で初めたこの生活、

想像もしなかった展開になり、いまや心身共に健康です

イケダハヤトさんじゃないけど、私も東京で消耗していたんだな。

 

やりたい事をやってみるというのは、日本に生まれて今の時代だからこそ許されるのであって、誰でもが出来る事では無い。

例えば、私もあんな家に生まれていたら。とか、私にもあんな才能があったら。なんて無い物ねだりは無限に出来るけれど、

自分で持っているものには気が付かないものです。

二十歳を過ぎたら親の決めた家に嫁がないといけない時代でもなく、選り好みしなれば仕事は幾らでもあって、健康な身体がある。

無い時代から有る時代へ、

日本は何でもが有る生活になりました。

「有る」時代からスタートした私には、なかなかその素晴らしさに気が付きませんでした。

散々無い物ねだりをして、あれも無いこれも無いと人を羨み

それでもどうにか、私が持っているものを、見ることが出来るようになりました。

 

持っているものを生かして何か芯から心踊る事、それを探して、漸くたどり着いたのです。

 

1年前の辛かった事も、それほど迄に辛い事が無ければ、死んだつもりでやってみろ!なんて決意を起こせなかったでしょう。

今となって、あれで良かった。と言えるようになりました。

そしてあれから、

都会から、電波から少し離れた生活をした事で、精神的に安定し強くなりました。

 

今、日本人の同僚は生活環境の違いにそれぞれ色んな違和感やストレスを感じている様です。

私はそれが全然無くて、むしろ中国は人間が活きていて面白い、生活し易いです。

 

先日、新人の女の子と夜道を歩いていると彼女が言いました、

街頭少なくて暗い…と。

ん!え!?そーなの!?暗い!!?

 

此れについて考察してみました。

 

まず暗さと言う点で、この一年私は夜道がこんなに明るい場所に住んだ事が無い。

雲の多い日や三日月の夜なんかは、自分の手も見えない様な真っ暗な場所に寮があったのです。

だからとっても星が綺麗でした。

 

その他

中国文化、与那国島と似ている事アレコレ

交通ルールがあるけど無い。

電気や下水道が発達していない。

ゴミはゴミ箱へ、と言う概念が余り無い。

容器やラップじゃなくて液体でも構わずビニール袋へ。

食べ物は粉面と豚肉。

などなど、何だかとっても似ているんです。

 

そう言う訳で、南の小島生活をした経験が、此処で役立っております。

言葉の壁だけを問題として、何のストレスも無く生活しています。

 

それでも国の発展の違いによる差はやはり有ります。

ちょっと繁華街に出ると、体の一部が生まれつき不自由な人が缶を持っているんですね。

お金を恵んでくれと言うことなんですが、

そういう人達がまだ当たり前に浮浪者として生きている、目の前にいる。

こう言う事が当たり前の国で、日本的な、余裕のある人間の感覚は通用しないんです。やっぱり。

 可哀想、では無く、根本を知る事がどんなに大切か。

沢山沢山勉強してきて良かったです。

 

ぁ、思い出した!忘れるところでした。

こないだ見た記事に面白そうな本を発見したので紹介します。

解説を読むと、内容は小沢健二の本と同じ様な感じかな?

オザケンのはちょっと読み辛いので、より分かりやすいといいなぁ。

f:id:mgmsmi0429:20170409012157j:image

「なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか?」

あたしゃ不安に感じては無いんだけどね、その時は過ぎましてね。

 

それでは皆様、お休みなさいませ。

 ※業務連絡

iPhone紛失してLINEがまた新しいアカウントになりました。ご迷惑お掛けします。