読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高速道路に思ふ

中国は車の運転が荒い。

と皆さん口を揃えておっしゃる。

 

私は運転の事はよく分からないのだが、道路はガタガタである。

それで車中もガタガタするのかなぁ、なんて思っている。

 

今日はVISAの更新で公安まで高速道路を走った。

タクシーに1時間程乗っても1500円しないのです。
f:id:mgmsmi0429:20170504224614j:image

帰りのタクシーに乗りながら外の景色を眺めていると、どうやら深圳の地理にも馴れてきた様。

高層ビルを目印に、街の何処に居るかが分かる様になりました。

 驚くのは、中心地にある鉛筆型の超高層ビルのてっぺんにクレーン車の様な姿が見える事。

あれはどうやって乗っかっているのだろうか。

工事中なのだろうか。

工事中でないにしても、どうやってあんなに高いところに行ったのか、どうやって乗っかって居るのか、不思議でなりません。

 

 

蓮華の辺りから高速に乗って我らがHUAWEIの基地へと行く道すがら、

バスがぐいぐい路線変更をして私の乗るタクシーの前に入ってきたのですが、その様子を見て凄く感心しました。

バスの運転の巧みさにはいつも驚かされるのです。

 

中国のルールの無いルール。

車の運転が特にそれを表しているように思います。

 

中国タクシーなんかに実際に乗って見ていると、60キロから、車が少ない時間なんかだと120キロ以上出す人も居て、思い思いのスピードで車線変更と追い越しを繰り返し、どんどん進む。

それだからか、渋滞にならない。

並の日本人では対応出来ないだろうと思うのです。

 

 

一言で言うなれば「自己責任」

中国に居て思う事はこれだ。

 

不当な事に遇って誰かに当たり散らしてもいいが、何も起こらないのである。

それなので、皆が自己責任に置いて運転もするのであろう。

危険だと思う人は運転しないこと。

 

逆に捉えると、出来るならいいのだ。

免許がいらないので、免許の無い私も電動バイクに乗っていいし、逆走してもいい、信号通りに走らなくてもいいのです。

出来るならばいいのです。

個人の判断力が有れば。

 

これはあくまでも電動バイクの場合であって、車が逆走することはないですけれど。

電動バイクはこちらで自転車と同じ立ち位置なのです。

そんな中国が、私は好きだ。

 

ピンクがかった雲が広がる

綺麗な夕焼けを眺めながら

バイクで風を切って走る

日常が輝いている幸せを

噛み締めるのです。

 

それでは、皆様お休みなさいませ。